美容の大敵!頑固な便秘にオススメの3つの飲食物

リンゴのペクチンパワーで便秘解消

リンゴには、便秘に効果的なペクチンが豊富に含まれています。このペクチンは加熱する事で倍以上活性化します。なので、便秘目的で食べる時は、焼きリンゴにするなど加熱調理してから食べましょう。また、ペクチンは皮と果肉の間に多く含まれているので、出来れば皮付きのまま食べましょう。特に王林という品種はペクチンが多く含まれているのでオススメです。また、リンゴは身体を温める作用があるので、冷え性の方にもオススメの食材です。

朝食前にマグネシウムが多い炭酸水を飲んで便秘解消

朝食前の空腹時に、水や牛乳を飲むと便意を催す方も多いですが、特に便秘に効果的なのが、マグネシウムが多い炭酸水です。マグネシウムは便秘薬にも使用されますが、便を軟らかくして排泄しやすくする効果があります。また、適度な炭酸が朝食前の腸に刺激を与え、活動が鈍っている腸に便意を与えてくれます。ミネラルウォーターや浄水器を買う時は、マグネシウムが多く含まれているものを選びましょう。また、炭酸は適度な満腹感を与えるので、ダイエット時の水分補給にも効果的です。

一日大さじ一杯のオリーブオイルで便秘解消

オリーブオイルが身体にもたらす効能は良く知られていますが、実は便秘にも効果的です。便秘目的で摂取するなら、料理に使うより、そのまま摂取したほうが効果的です。空腹時に、大さじ一杯のオリーブオイルを飲むだけです。空腹時に飲む事で胆汁の分泌が間に合わず、オイルが腸までダイレクトに届くので、カチカチになった便を排泄する潤滑油として働いてくれます。オリーブオイルは種類によって苦みを感じるものがあるので、色んなブランドのオリーブオイルを試して、飲みやすいものを探してみましょう。

品川美容外科の訴訟について調べる